音楽配信

音楽配信のための録音

クレッセントスタジオ

rec1.jpg
平成11年11月11日にクレッセントスタジオにて最新レコーディングを完了しました。この録音はインターネットに向けたもので、ダウンロードしやすいように短く演奏をまとめ、JAZZファン以外の方にも聴きやすいようにアレンジを行いました

 

rec2.jpgレコーデイングメンバー

二本柳守(ds),上野哲郎(b)でなごやかな雰囲気の中で行われました

 

収録曲

rec3.jpg
・Over The Rainbow

・Yesterday

・Blue Moon

・Desert Wind

・MAY Flower

・夏によせて

VMEサイトで 購入できます。
この録音は2008年にCDで発売されました。

http://amzn.to/1jSGfYA

 

2005年2月22日(BIRTHDAY)

MAC’s CARROTにて記念すべくバースデイライヴが行われました!
エンジニアの伊豫部さんよりメッセージをいただきました。

市川秀男の還暦ライブが2月22日目白のマックスキャロットであった。
市川秀男トリオは、その1週間ほどまえに新アルバム「ミルキーウエー」を
終了したばかり。当然この日の還暦ライブでも新アルバムに収録された曲が
披露された。
多彩なゲストが駆けつけ、なにやら忘年会と新年会を一緒にやっているような
雰囲気で、とってもアットホームなライブだった。
私はこの日のライブレポートを書くはずだったのだが、エンジニアとして
「Parhelion」「あ、雨が…」と、続いて、今回の「ミルキーウエー」を担当した
ので勝手に録音レポートにしたいと思います。
前二作と同様、今回も録音は「モウリアートワークススタジオ」でおこなわれた。
録音側の「音楽コンセプト」は前回同様だが「録音コンセプト」はかなりかえた。
それは市川秀男のピアノに対するこだわりから始まる。美しいピアノをと考えた
とき、加藤真一のベースと同居させるのはスタジオのスペースからいって無理が
ある。ただ単に「カブリ」を無くし、回り込みのない音を収録すればいいっても
のでもない。限られたスペースでは「ツイタテ」のようなものは物理的に改善さ
れても、音楽的には犠牲になることが多い。どうすればいいか。簡単なことだ。
ベースを追い出せばいいのだ。追い出すのいいが行くところがない。前回も考え
ていて実行しなかったのたのだが、コントロールルームに加藤真一のベースが入
る。行くところはここしかない。
これは大変です。私始め、コントロールルームにいる全員がヘッドフォンを着け、
クシャミも出来ません。とても不自由です。でもとても楽しい録音でした。
メインステージに市川秀男のピアノ。サブステージに二本柳守のドラム。と、
3人がそれぞれ完全に分離され、それぞれが美しい音で収録されたことはいうま
でもありません。ご期待下さい。

レコーディングエンジニア 伊豫部富治